1. TOP
  2. こんな時どうする!?土地・境界に関する疑問
  3. 境界がわからない
  4. 【確定測量】相続で土地を受け継ぎました。ただ、はっきりとした境界が分りません。

相続で土地を受け継ぎましたが境界が分りません。

相続で土地を受け継ぎました。ただ、はっきりとした境界が分りません。
 
Q.先日土地を相続しました。売ることも検討しているのですが、隣人とはっきりした境界線が無くどこまでが自分の相続した土地に当たるのかがわかりません。
 
A.境界線が不明な時は、境界確定測量を実施する必要があります。売却する場合には買主の立場からすると、「実際に何㎡の土地が買えるかわからない」「1㎡あたり○○円で契約したけど、実際の面積が少ないと損をする」「お隣さんと境界でもめるかもしれない」という不安がありますので、今後売買を考えられている場合は境界確定測量が必要です。
 
 
 亡くなった父から実家の土地を相続したAさん、自分の持家があり、母も既に他界しているのでこの土地は不要。売却を考えているものの、父は生前に「隣のおじさんが勝手に作ったブロック塀がウチの敷地に入っている」と愚痴を言っていて、境界の杭も無くて境界線がハッキリしないので困っている。このようなご相談をいただき、100坪(約330㎡)で長方形の土地ということで、境界確定測量40万円、越境物があった場合の「越境物に関する覚書(隣のおじさんが作ったブロック塀がAさんの土地に入っていることを、Aさんと隣のおじさんがお互いに確認する書類)」図面・書類作成費用5万円の、合計45万円+消費税+実費(1万円程度)ということで御見積書を提示させていただきました。
 
 実際に測量してみると昔の金属鋲(びょう)が出てきて、隣のおじさんは境界を越えないようにブロック塀を建てていたそうですが、亡くなったお父さんが勘違いしていたようです。お互いの勘違いを解消した上で立会をし、改めて鋲を打って図面を作成し、境界確定を完了いたしました。境界もハッキリしたところで、無事購入希望者との打ち合わせがうまく進み売却となりました。
 

ファミリアで依頼する場合の特徴

 ファミリアはでは事前のお見積りで想定される業務・手続のご案内をさせていただき、費用を明確にお伝えいたします。