1. TOP
  2. こんな時どうする!?土地・境界に関する疑問
  3. 【TOP】隣人が建物工事を行う際杭が動かないか心配

隣人が建物工事を行う際、杭が動かないか心配。

お隣さんが建築工事をするそうです。コンクリート杭が動かないか心配です。

A.

土地に入っているコンクリート杭などは、深く掘っているので見た目以上に頑丈で動かないようにできております。しかし建物工事を行う際には強い振動もあり、杭が動いたり、場合によっては杭が抜けることもあります(これは、自分の敷地で工事をする際にも同じことが言えます)。
 
よく杭が抜けてしまうケースとして、このような工事関係の作業が代表的です。工事が入ることを知ったら、工事責任者に対して杭について十分気をつけてもらうように依頼をしましょう。
 
万が一、過失で損傷もしくは抜いてしまうことがあれば責任をもって復元する旨を誓約書などに記載してもらいましょう。復元の際はトラブルを防ぐため土地家屋調査士に依頼することをお勧めします。
 
 
 

解決事例

当社で境界確定測量及び土地分筆(土地を分ける)登記をお手伝いしたお客様から久しぶりに連絡をいただいたところ、お隣さんが家を建てる工事をし始めたので杭が動かないか心配ということでした。
 当社で測量したデータを残しているので、杭の復元は可能ということと、費用(調査士の日当)がかかるということをお伝えしました。工事会社には「杭を抜いたり損傷した場合には復元費用を補償する」旨の誓約書を書いてもらいました。どうしても杭を一旦抜かないと工事できない場所があり、当社で復元のお手伝いをしました。
 事前に境界確定測量がなされていない場合は復元ではなく、改めて境界確定測量が必要となりますのでご注意下さい。
 
 

ファミリアに依頼するメリット&ポイント

 ファミリアが境界確定測量をする際は、マンホールの縁や側溝などの丈夫な構造物に印をつけております。当社ではこの構造物と杭のデータ(座標)を残しておりますので、万が一杭が抜けたりずれるようなことがあってもピッタリ同じ位置に復元することが可能です。