1. TOP
  2. こんな時どうする!?土地・境界に関する疑問
  3. 【TOP】家を新築した場合の登記の手続き

家を新築した場合の登記の手続

Q. 自宅を新築しました。何か手続きは必要ですか?

 

A:

建物を新築したときは、登記上の手続きをしなければなりません。建物の所在地や使用目的、広さ、所有者などをしっかりと記録して残し、登記する必要があるのです。 

 
建物を新築した際は、1ヶ月以内に「建物表題登記」と呼ばれる手続きを行わなければなりません。これは建物の情報「誰のものか、どこにあるのか、どんな建物か、どれくらいの大きさか」などを登記するものです。
 
この登記がなければ司法書士の担当する「所有権保存登記」や「抵当権設定登記」を行うことができないので、建物の保有者としての権利を法的に主張することができなくなってしまうので注意が必要です。 
 
さらにこの建物表題登記は申請義務が伴っています。新築した建物の所有権を取得した方は、その所有権取得の日から1ヶ月以内に登記を行わないと、10万円以下の過料が科せられてしまうこともあるので注意が必要です。 
 
万が一、ずいぶん前に新築されていて登記がまだ済んでいない場合でも問題はありませんので、そのような場合でもご遠慮なくお問い合わせください。
 
建物表題登記について
bt_kuwashiku.gif
 
 

ファミリアに依頼するメリット&ポイント

ファミリアでは、

  • 「建物表題登記」を行う土地家屋調査士
  • 「所有権保存登記」「抵当権設定登記」を行う司法書士

が在籍しており、すべての業務を一連の流れで行うことができます。

それぞれ別の事務所に依頼すると、それぞれの事務所に出向いたりと手間がかかったり、連絡がスムーズにいかなかったりということがあります。しかし、ファミリアではそのような心配がなく、ワンストップでサービスを受けられます。