1. TOP
  2. 個人のお客様へ
  3. 土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士について、なじみのない方も多くいらっしゃると思います。

土地家屋調査士は、「土地」や「建物」が

 

・どこにあって
・どのような形をしていて
・どのように利用されているのか
を調査、測量して公に証明するための(登記)サポートをしています。
 
図面を作成したり、登記手続きの代理を行ったりします。
 
 

土地家屋調査士の業務内容

 
私たちは、次のような業務を行っています。
 
 

① 土地や建物の調査と測量・調査

 
土地家屋調査士は、不動産の状況を正確に登記記録に反映させるために必要な調査や測量を行います。
 
例えば、土地の登記に関するものであれば、まずは登記所にある地図や地積測量図等の資料の確認、そして現地の状況や隣接所有者の立会い等を得て筆界を確認・調査し、その成果に基づき測量を行います。
 
 

② 不動産の表示に関する登記に必要な申請手続きの代理

 
不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられているものの、その手続きは非常に複雑で一般の方には理解が難しい事が多々あります。
 
土地家屋調査士は、そのような不動産所有者である依頼人の方の依頼に応じて、不動産の表示に関する登記の申請手続を代理します。「登記しなければならないんだけど、どうすればいいのかわからない」という方は是非一度状況を教えていただければと思います。
 
 

③ 不動産の表示に関する登記の審査請求の手続きの代理

 
審査請求とは、不動産の表示に関する登記に関する処分が不当であるとする方が、法務局・地方法務局の長に対して行う不服申立てのことを指します。しかしこの手続きも非常に複雑であるため、もし何か登記に関して疑問や違和感を感じた場合は一度土地家屋調査士にご相談していただければと思います。
 
 

④ 筆界を特定する手続きの代理

 
筆界とは“表題登記されている公法上の境界”のことを指します。
 
筆界特定の手続とは、土地の所有者の申請により、外部の専門家の意見を踏まえて筆界を特定する手続を指します。公法上の境界を定める重要な手続きとなりますので、気になることがあれば筆界特定前にご相談ください。
 
 

⑤ 土地に関するトラブルにも対応

 
土地や建物をめぐるトラブルは多々あります。中でも隣接者とのトラブルや納税・節税のトラブル、他にも遺産・相続に関するトラブルは多く見受けられます。
 
土地家屋調査士は登記・測量を通じて、解決方法の提案をさせていただくことはできますが、合意協議のの立会いや和解などを代理することはできません。あくまでも土地家屋調査士の業務を通じて、解決方法の提案を行うことができます。