1. TOP
  2. 業務一覧
  3. 土地地目変更登記

土地地目変更登記

 土地地目変更登記とは土地の用途が変更する場合、例えば、農地に住宅を建てるために地目を「畑から宅地」へ変更する時に必要な登記です。土地の用途や用途に変更があった際に、登記上の地目も同一に変更する手続きのこと土地地目変更登記といいます。
 
 そして、その変更があった日から1ヶ月以内に土地地目変更登記の申請を行う必要があります。 
注意が必要な地目変更もありますので、ご確認下さい。
 

 農地転用      

農業用地を宅地などの別の地目へ変更する場合、農業委員会へ申請し、「農地転用許可証」 という書類を添付する必要があります。
不動産登記法の性格上、将来、必ず宅地として利用することが明白になっていなければいけません。
例示すると、宅地造成の場合 「建物の基礎工事の完了」「建築確認通知書」 が申請の必要条件となります。
地目変更制限
A.その土地が「保安林」なっている場合、保安林指定の解除が必要です。
B.地目を墓地に変更する場合、または墓地の利用目的を変更する場合は都道府県庁の許可が必要となります。

主な地目

田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、 運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地、鉄道用地、学校用地
 

必要な書類

必要書類 備考
農地転用の許可書等 畑から変更する場合に必要です
委任状 ファミリアがご用意します

 

 

建物表題登記

建物の大きさや形状の為の登記です。

 

建物滅失登記

建物を取り壊した時に必要な登記です。
 

区分建物表題登記

マンションやアパートなど各部屋ごとの登記をする場合に必要です。
 

建物表題変更登記

リフォームなどで建物の大きさや形状が変更な場合に必要な登記です。
 

建物区分登記

一つの建物を2つ以上にわけて登記をする場合に必要です。
 

土地表題登記

土地の大きさや形状、所在地、用途などを記す登記です。
 

土地分筆登記

相続などで、一つの土地を複数に分ける場合に必要な登記です。
 

土地合筆登記

複数に分かれていた土地を一つの土地にする場合に必要な登記です。
 

土地地目変更登記

山林や農地に家を建てる場合に、土地の地目(用途)を変更する登記。
 

土地地積更正登記

実際に測量した面積が登記簿の面積と異なった場合に必要な登記
 

農地転用

農地に家を建てる場合には、農地開発の許可を得る必要があります。
 

民有地境界確定測量

接地面が民有地の場合の確定測量のことです。
 

公有地境界確定測量

接地面が公有地の場合の確定測量のことです。
 

現況測量

土地の現状の状況を把握する為の測量です。
 

真北測量

建築をする際に真北がどこに位置するかがを割り出す測量です。
 

高低レベル測量

土地の高低を調査し、建築に活かします。
 

開発許可申請

新しく建物を建築する際に、実際に開発できるのかを調査します。
場合によっては、開発の許可がおりないものも御座います。