1. TOP
  2. 業務一覧
  3. 土地合筆登記

土地合筆登記

 土地合筆登記とは複数の土地を一つにまとめる時に利用する登記方法です。
合筆とは複数の土地の登記を一つにまとめる登記のことです。土地の名義が共有である場合は、共有者全員からの申請が必要となります。
 
 多数の土地を所有していて管理が煩雑な場合や、売買、相続などで分筆を前提とする場合などに合筆登記をします。また、各相続人の相続分ごとに分筆しなおすために、相続した複数の土地を一旦1つの土地にまとめるときなど、購入した続きの土地を1つの土地にまとめたい場合などに土地合筆登記を行います。 
 
 合筆する為にはいくつかの条件があります。
 
1.抵当権等の登記がないこと
2.所有権の登記名義人が 同一であること
3.土地同士が隣接していること
4.土地の地目が同じであること
5.字や地番区域が同じであること必要な書類
 

※ 1が以外にネックになる事がありますので、ご注意ください!

 

要書類

備考

登記済権利証 合筆する土地の権利書
印鑑証明書  
委任状 ファミリアで用意します

 

建物表題登記

建物の大きさや形状の為の登記です。

 

建物滅失登記

建物を取り壊した時に必要な登記です。
 

区分建物表題登記

マンションやアパートなど各部屋ごとの登記をする場合に必要です。
 

建物表題変更登記

リフォームなどで建物の大きさや形状が変更な場合に必要な登記です。
 

建物区分登記

一つの建物を2つ以上にわけて登記をする場合に必要です。
 

土地表題登記

土地の大きさや形状、所在地、用途などを記す登記です。
 

土地分筆登記

相続などで、一つの土地を複数に分ける場合に必要な登記です。
 

土地合筆登記

複数に分かれていた土地を一つの土地にする場合に必要な登記です。
 

土地地目変更登記

山林や農地に家を建てる場合に、土地の地目(用途)を変更する登記。
 

土地地積更正登記

実際に測量した面積が登記簿の面積と異なった場合に必要な登記
 

農地転用

農地に家を建てる場合には、農地開発の許可を得る必要があります。
 

民有地境界確定測量

接地面が民有地の場合の確定測量のことです。
 

公有地境界確定測量

接地面が公有地の場合の確定測量のことです。
 

現況測量

土地の現状の状況を把握する為の測量です。
 

真北測量

建築をする際に真北がどこに位置するかがを割り出す測量です。
 

高低レベル測量

土地の高低を調査し、建築に活かします。
 

開発許可申請

新しく建物を建築する際に、実際に開発できるのかを調査します。
場合によっては、開発の許可がおりないものも御座います。