1. TOP
  2. 業務一覧
  3. 土地表題登記

土地表題登記

 土地表題登記とは新たに土地が生じたとき(埋め立てた時、水面上に土地が隆起した時など)や、国有地(里道、水路等)の払い下げを受けた後など、表題登記がない土地を取得したとき、初めて登記することを土地表題登記と呼びます。
 
 不動産登記簿の表題部と呼ばれる不動産の現状を表示する欄に、所在、地番、地目、地積が記載されます。所有している土地に国有地(里道、水路)が含まれている場合には、その土地を担保には出来ない為、融資が断られたり、売却できなかったりなど、資産として価値の無い状態と言えます。ですから、早めに登記申請することをおすすめします。 
 
 用途廃止した道路や国有地を払い下げしたときに、所有権証明書を添付して取得した者から、土地表題登記の申請を行います。 里道、水路等としての機能を有している場合や、自己所有の土地と隣接していない場合、払い下げは受けられません。又、管理者によっては払下を禁止している場合もあります。
 

必要な書類

必要な書類の詳細はケースによって異なることがあるため、ご連絡下さい。

 

建物表題登記

建物の大きさや形状の為の登記です。

 

建物滅失登記

建物を取り壊した時に必要な登記です。
 

区分建物表題登記

マンションやアパートなど各部屋ごとの登記をする場合に必要です。
 

建物表題変更登記

リフォームなどで建物の大きさや形状が変更な場合に必要な登記です。
 

建物区分登記

一つの建物を2つ以上にわけて登記をする場合に必要です。
 

土地表題登記

土地の大きさや形状、所在地、用途などを記す登記です。
 

土地分筆登記

相続などで、一つの土地を複数に分ける場合に必要な登記です。
 

土地合筆登記

複数に分かれていた土地を一つの土地にする場合に必要な登記です。
 

土地地目変更登記

山林や農地に家を建てる場合に、土地の地目(用途)を変更する登記。
 

土地地積更正登記

実際に測量した面積が登記簿の面積と異なった場合に必要な登記
 

農地転用

農地に家を建てる場合には、農地開発の許可を得る必要があります。
 

民有地境界確定測量

接地面が民有地の場合の確定測量のことです。
 

公有地境界確定測量

接地面が公有地の場合の確定測量のことです。
 

現況測量

土地の現状の状況を把握する為の測量です。
 

真北測量

建築をする際に真北がどこに位置するかがを割り出す測量です。
 

高低レベル測量

土地の高低を調査し、建築に活かします。
 

開発許可申請

新しく建物を建築する際に、実際に開発できるのかを調査します。
場合によっては、開発の許可がおりないものも御座います。