1. TOP
  2. 業務一覧
  3. 区分建物表題登記

区分建物表題登記

 区分建物表題登記とは区分建物(マンション・アパート)を建てた時にしなければならない登記で、区分建物についての物理的状況(所在・種類・構造・床面積および所有者の住所・氏名)を明らかにする登記です。
 
 この区分建物の所有者または所有権の名義人は完成してから1ヶ月以内に申請しなければなりません。
 
 区分建物表題登記はまず法務局で登記簿・公図・地積測量図・建物図面を調査し、建物の底地はどういう状況なのか、また同じ敷地内に登記されてる建物があるかなどを調査します。
 
 次に現場に赴き法務局で調べた資料と現在の状況が正しく一致するかを慎重に調査し、設計図などを元に建物の測量をおこないます。その後は調査結果をまとめ、不動産登記法上の判断をしながら正確な図面を作成し申請書とともに法務局に申請します。
 
 二世帯住宅の場合に、共有登記(共有名義)と区分登記はどちらがよいか、という質問を受けますが、区分登記すると相続などで親族間で揉めた場合に、勝手に売却される可能性があります。
 
 一方、共有登記(共有名義)将来的に、物件の売却をするときに全員の承諾が必要になってしまう、手続きが大変で面倒な上、費用が余分にかかるなどのデメリットがあり、一長一短です。通常は二世帯住宅では、共有登記、区分登記ともに利用しません。
 
 もし、現在、共有登記、区分登記などに関しての困りごと、心配事がある場合には、当事務所まですぐにご連絡下さい。登記問題はスピードが重要です。
 

必要な書類

必要書類 備考
建築確認通知書・設計図書  
工事完了引渡証明書  
検査済書・建築請負契約書
工事代金領収書(宛名が記載されているもの)
どれか一通でかまいません。
住民票 名義人が個人の場合
資格証明書・印鑑証明書 名義人が法人の場合
建物図面・表題登記委任状
規約公正証書委任状
当事務所でご用意します
承諾書
(印鑑証明書・資格証明書付)
建築確認を受けた人と登記をする人が違ったり、持分が変更の場合
上申書、持分合意書
印鑑証明書
共有の場合のみ必要
謄本、公図、測量図面 お持ちであれば、ご用意下さい
 
 

建物表題登記

建物の大きさや形状の為の登記です。

 

建物滅失登記

建物を取り壊した時に必要な登記です。
 

区分建物表題登記

マンションやアパートなど各部屋ごとの登記をする場合に必要です。
 

建物表題変更登記

リフォームなどで建物の大きさや形状が変更な場合に必要な登記です。
 

建物区分登記

一つの建物を2つ以上にわけて登記をする場合に必要です。
 

土地表題登記

土地の大きさや形状、所在地、用途などを記す登記です。
 

土地分筆登記

相続などで、一つの土地を複数に分ける場合に必要な登記です。
 

土地合筆登記

複数に分かれていた土地を一つの土地にする場合に必要な登記です。
 

土地地目変更登記

山林や農地に家を建てる場合に、土地の地目(用途)を変更する登記。
 

土地地積更正登記

実際に測量した面積が登記簿の面積と異なった場合に必要な登記
 

農地転用

農地に家を建てる場合には、農地開発の許可を得る必要があります。
 

民有地境界確定測量

接地面が民有地の場合の確定測量のことです。
 

公有地境界確定測量

接地面が公有地の場合の確定測量のことです。
 

現況測量

土地の現状の状況を把握する為の測量です。
 

真北測量

建築をする際に真北がどこに位置するかがを割り出す測量です。
 

高低レベル測量

土地の高低を調査し、建築に活かします。
 

開発許可申請

新しく建物を建築する際に、実際に開発できるのかを調査します。
場合によっては、開発の許可がおりないものも御座います。
 

建物表題登記

建物の大きさや形状の為の登記です。

 

建物滅失登記

建物を取り壊した時に必要な登記です。
 

区分建物表題登記

マンションやアパートなど各部屋ごとの登記をする場合に必要です。
 

建物表題変更登記

リフォームなどで建物の大きさや形状が変更な場合に必要な登記です。
 

建物区分登記

一つの建物を2つ以上にわけて登記をする場合に必要です。
 

土地表題登記

土地の大きさや形状、所在地、用途などを記す登記です。
 

土地分筆登記

相続などで、一つの土地を複数に分ける場合に必要な登記です。
 

土地合筆登記

複数に分かれていた土地を一つの土地にする場合に必要な登記です。
 

土地地目変更登記

山林や農地に家を建てる場合に、土地の地目(用途)を変更する登記。
 

土地地積更正登記

実際に測量した面積が登記簿の面積と異なった場合に必要な登記
 

農地転用

農地に家を建てる場合には、農地開発の許可を得る必要があります。
 

民有地境界確定測量

接地面が民有地の場合の確定測量のことです。
 

公有地境界確定測量

接地面が公有地の場合の確定測量のことです。
 

現況測量

土地の現状の状況を把握する為の測量です。
 

真北測量

建築をする際に真北がどこに位置するかがを割り出す測量です。
 

高低レベル測量

土地の高低を調査し、建築に活かします。
 

開発許可申請

新しく建物を建築する際に、実際に開発できるのかを調査します。
場合によっては、開発の許可がおりないものも御座います。