1. TOP
  2. 測量登記事例
  3. 測量登記Q&A

測量登記Q&A

 ここではみなさま頻繁に頂く測量登記に関する質問をまとめました。きっと皆様のもこのような疑問を持っているのではないでしょうか。最近、需要が高まっている相続についての質問も用意しております。併せてご覧下さい。もし疑問がある場合にはファミリアまでご連絡下さい。
 

Q.土地家屋調査士とは?

A.土地家屋調査士法に基づいた国家資格で表示登記の専門家です。この法律の目的は土地家屋調査士が業務を適正に行うことにより、不動産の表示に関する登記手続を円滑に進め、ひいては不動産に係わる国民の皆様の権利の明確化に寄与することです。 
 

Q.表示に関する登記とは?

A.土地や建物の物理的状況(所在、広さ、用途、構造など)を登記簿上の【表題部】に公示することです。例えば建物を新築した時には新しく登記簿を作らなければいけません。その場合最初に表題部を登記し、登記簿が作られます。その上でその登記簿に所有権や抵当権が登記されることとなります。その他には土地の分筆や地目変更も表示に関する登記です。
 

Q.土地を分けたいのですが。

A.1個(1筆とも言います)の土地を分けるのは分筆登記と言って、土地の登記簿を分けることが必要になります。分筆登記には通常隣接地所有者との境界確認や測量等の作業が必要となります。まずお近くの土地家屋調査士にご相談ください。
 

Q.所有している畑に家を建てたいのですが。

A.土地の用途(地目とも言います)が変わった場合には地目変更登記と言って土地の表題部を変更する登記が必要です。また畑や田のような農地を他の用途に変更する時は農業委員会への届出または許可が必要となります。家については新築の表題登記が必要です。
 

Q.我が家の1階部分を私たちの所有に2階部分を息子夫婦の所有に分けることはできますか?

A.マンションのように1個の建物の各部分を別々に所有すること(区分所有と言います)は可能です。ただし建物についていくつかの要件が必要となります。まずお近くの土地家屋調査士にご相談ください。
 

Q.登記簿上の土地の面積と実際の面積が違っているので直したい。

A.土地の登記簿上の面積を『地積』と言い、この『地積』を直すためには地積更正登記が必要です。まず対象となる土地の境界を隣接所有者と確認しその上で測量を行い面積を算出します。境界についてははっきりしない部分や隣接所有者と主張が違う場合も多くあります。お近くの土地家屋調査士にご相談ください。
 

相続に関するトラブル事例

トラブル事例1

Q:両親が亡くなった直後に、隣接地の所有者が「今まで我慢してきたが、ブロック塀が境界線を越境しているので、すぐに塀を作り直してくれ」と言いにきました。しかし同居をしていなかった私は実家の塀のそんな状況や経緯をまるで知りません。どうしたら良いでしょうか。

A:亡くなった親同士のあいまいな取り決めや約束が、相続後に問題として噴出することがよくあります。そのような場合には、境界の立会い、測量、資料検討、過去の経緯などを鑑みて、私達土地家屋調査士公正な態度で解決の道を探します。

 

トラブル事例2

Q:亡くなった父親の土地を兄弟3人で共有にするのではなく、3つに分けそれぞれの単有名義にしたいのですが、誰に依頼すればよいでしょうか。また、土地の一部を売却したいのですが、誰に頼むべきですか。  

A:まず、私たち土地家屋調査士にお問合せ下さいませ。土地を別々の形で相続するためには、その土地全体を測量したり、三分割するための「土地分割のプラン」を立てます。
 
 

測量登記事例1 

境界標を入れておかなかったために起きた境界問題
 

測量登記事例2 

相続問題時の境界問題
 

測量登記事例3

 備えあれば憂いなし
 

測量登記Q&A

測量に関する良くあるご質問にお答えします。