1. TOP
  2. 測量登記事例
  3. 測量登記事例3【備えあれば憂いなし】

測量登記事例3【備えあれば憂いなし】

 境界問題をおこさないコツはまずしっかり境界標を入れること、そして管理すること。これに尽きます。近所同士で憎み合うというのは、本当に残念なことで近いだけに精神的にも堪えます。
 

備えあれば憂いなし

 私は今から15年前に分譲地の中古住宅を買いました。購入した当時に境界標がなかったため、分譲地の地積測量図に基づき隣地土地所有者の立会いを得て境界標を設置しました。今回、住宅の建替えのため、既存の住宅を取り壊した時に、工事業者がうっかりして、西側の境界標を取り除いてしまいました。
 
 西側の土地所有者からは、もっと東に境界標があったと主張して譲りませんでしたが、幸い東側の境界標が残っていたのと、西側の土地所有者の西側の境界標が残っていたため、西側土地所有者と立会いをしましたが、事情を説明するとやっと了解していただけました。
 
 一時はこれで建築が遅れるのかと心配したのですが、境界標が残っていたので、簡単に納得していただくことができました。勿論、この際にすぐに永続性のある境界標を設置したのは言うまでもありません。
このように土地の問題は数年、もしくは10年程経過した時にトラブルが起こるのです。
 
 土地、建物のことでご相談があれば、すぐにファミリアまでご連絡下さい。
 

測量登記事例1 

境界標を入れておかなかったために起きた境界問題
 

測量登記事例2 

相続問題時の境界問題
 

測量登記事例3

 備えあれば憂いなし
 

測量登記Q&A

測量に関する良くあるご質問にお答えします。