1. TOP
  2. 登記
  3. 登記業務の流れ

登記業務の流れ

登記業務のプロセスで行われているのでしょうか。資料収集から測量業務、登記業務まで全部見せます。
 

(1)ご依頼

土地家屋調査士へ正式に依頼

 
下矢印2.jpg  

(2)資料収集

建築確認済証など登記に必要な書類をお預かりに伺います。

 
下矢印2.jpg  

(3)資料調査                    

法務局にて、建物要約書、土地要約書、地積測量図等、公図の閲覧を行い、所有者・所在地番・隣接地番・敷地の形状・地目の確認・古い建物の登記簿の有無の調査をします。
お客様の住民票も取得します。
 
下矢印2.jpg  

(4)建築現場での調査   

建物の種類・構造・床面積が建築確認済証に記載されている通りになっているかを調査し、建築中の建物が登記出来る状態かを判断いたします。

事務所にて申請書、委任状、現地調査書、建物図面・各階平面図の作成   委任状、建物図面・各階平面図にお客様の印鑑を捺印して頂く為に伺います。

 

下矢印2.jpg

 

(5)法務局へ登記申請

法務局へ登記申請を行います。

 
下矢印2.jpg
 

(6)法務局の登記官による調査

申請書の内容確認及び建築現場での調査を行います。

下矢印2.jpg  

                                                  

(7)法務局にて登記完了証の受領

登記完了までに1週間~10日間程度時間がかかります。 

 
下矢印2.jpg  

(8)登記完了証・建築確認済証の引渡し

建物の登記識別情報通知証を作成する為、司法書士へ業務が移ります。こちらで連携をしている司法書士へ手配をいたします。

 

用意すべき書類

登記の目的 必要書類 備 考
建物表題登記 *委任状 土地家屋調査士が作成、申請人の認め印を捺印
*建物図面・各階平面図 同  上
*住民票 申請人の住民票が必要になります
*建築確認済証  
*工事証明書 工事人の実印(法人の場合は社長印)を捺印
建物滅失登記 *委任状 土地家屋調査士が作製し申請人の認め印を捺印
*工事証明書

工事人の実印(法人の場合は社長印)を捺印

 

登記の基礎知識

登記のことなら、まずはこちらへ
 

登記の必要性

登記の必要性を知りたい方はこちらへ
 

登記の種類

登記にも様々な種類があります!知りたい方はこちらへ
 

登記の流れ

誰も知らない登記の流れはこちら