1. TOP
  2. 登記
  3. 登記の基礎知識

登記の基礎知識

 ここでは登記の基礎知識についてお話いたします。
登記とはその土地や建物の所有権を設定することで、土地や建物の大きさや形状を記した記録です。
まず、登記簿とは登記所に保管されている公簿(世間に公開している記録)のことで、会社の情報が掲載されている商業登記簿、不動産情報が掲載されている不動産登記簿等があります。
 
 不動産登記は、我々の不動産(土地や建物)の情報を一般公開するためにあります。その不動産がどこにどれ程の大きさで存在し、所有者は誰かなどの取引状況を誰でも閲覧できる状態にしておくことで、安全な不動産取引ができるようにする役割があります。
 
 不動産登記簿には、土地登記簿と建物登記簿の2種類から構成されており、それぞれ「表題部」「権利部」に分かれています。さらに権利部が「甲区」「乙区」に分かれています。
 
 つまり、表題部・権利部甲区・権利部乙区の3部構成ということになります。そして、土地も1筆(1つの土地の単位)ごとに、建物については1戸ごとに登記がなされます。 
 
それぞれの部分には以下の情報が記載されています。 
(1)表題部土地:所在・地番・地目(土地の現況)・地積(土地の面積)
        建物:所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積など 
 
(2)権利部(甲区):所有者に関する事項が記載されています。その不動産の所有者は誰で、いつ、どんな原因(売買、相続など)で所有権を取得したかがわかります。
 
所有権移転登記、所有権に関する仮登記、差押え、仮処分など 
 
(3)権利部(乙区)抵当権など所有権以外の権利に関する事項が記載されています。抵当権設定、地上権設定、地役権設定など
 

登記の基礎知識

登記のことなら、まずはこちらへ
 

登記の必要性

登記の必要性を知りたい方はこちらへ
 

登記の種類

登記にも様々な種類があります!知りたい方はこちらへ
 

登記の流れ

誰も知らない登記の流れはこちら