1. TOP
  2. 測量
  3. 測量業務の流れ

測量業務の流れ

 通常、測量などの場合は一生に1回程度しか体験することがないので、測量業務はどのようなブロセスで行われているのかがわからないと思いますので、ご紹介いたします。
 
(1)土地家屋調査士へ正式に依頼  
  下矢印2.jpg  
(2)法務局での調査                                        
土地要約書・公図・地積測量図・旧図等の調査をします。
 
  下矢印2.jpg  
(3)役所での調査 区画整理確定図・近隣土地の官民境界実施の有無の確認等の調査をします。  
  下矢印2.jpg  
(4)隣地・関係者へ 挨拶 隣地や関係者の方へ挨拶に伺います。  
  下矢印2.jpg  
(5)仮測量    
  下矢印2.jpg  
(6)事務所でのデータ整理 事務所で測量データの解析をします。  
  下矢印2.jpg  
(7)仮杭設置 鋲・木杭・プラスチック杭を設置します。  
  下矢印2.jpg  

(8)隣接地との境界立会い

(民民の立会い)

細心の注意を払いながら、お客様に立会いを御願い致します。  
  下矢印2.jpg  
(9)道路・水路との境界立会い
(官民境界立会い)
市役所土木管理課・道路管理課・水路管理課との境界立会です。  
  下矢印2.jpg  
(10)確定測量 
確定杭、分筆杭の埋没  
  下矢印2.jpg  
(12)書類作成 書類委任状・地積測量図・現地調査書を作成します。  
  下矢印2.jpg  
(13)法務局へ分筆登記申請
申請後、7日~9日間程度要します。  
  下矢印2.jpg  
(14)登記完了証の
受領・測量の成果品作成
事務所にて、測量の成果物を製作します。  

【用意すべき資料】

登記の目的 必要書類 備 考
土地地目
変更登記
*委任状 土地家屋調査士が作成し、申請人の認め印を捺印

*農地転用の届出書など

(登記簿地目が農地の場合)

農業委員会が発行
土地分筆登記 *委任状 土地家屋調査士が作成し、申請人の認め印を捺印
*地積測量図 同上
土地合筆登記 *委任状 土地家屋調査士が作成し、申請人の認め印を捺印
*登記済権利証  

 

測量の基礎知識

測量のことなら、まずはこちらへ
 

測量の必要性

測量の必要性を知りたい方はこちらへ
 

測量の種類

測量にも様々な種類があります!知りたい方はこちらへ
 

測量の流れ

誰も知らない測量の流れはこちらへ