1. TOP
  2. 測量
  3. 測量の種類

測量の種類

測量にはいくつかの種類があります。例えば、民有地境界確定測量、公共用地境界確定測、現況測量、
真北測量、高低レベル測量などです。
 
民有地境界確定測量
境界を明確にする為の測量で、且つ隣地が民有地の場合に
このように呼びます。(以下のような場合に必要です。)
・ 売買契約のために、隣地との境界を明確にさせる場合
・ 相続時に土地を分割したり、また物納をする場合
公共用地境界確定測量
境界を明確にする為の測量で、且つ隣地が道路などの公共用地の
場合にこのように呼びます。(以下のような場合に必要です。)
・ 売買契約のために、道路との境界を明確にさせる場合
・ 相続時に土地を分割したり、また物納をする場合
現況測量
土地や建物の売買契約、建物を建築するときの確認申請、
開発許可申請などを行う場合に必要です。
・境界や地盤の高さの測量
・建物の位置や上下水道等の位置、構造物の種類などの調査
真北測量
建物を建築する際に、日照時間や日照制限などを調査する
場合に必要です。
高低レベル測量

建物を建築する際、敷地内の高低差を調査する場合に必要です。

 

測量の基礎知識

測量のことなら、まずはこちらへ
 

測量の必要性

測量の必要性を知りたい方はこちらへ
 

測量の種類

測量にも様々な種類があります!知りたい方はこちらへ
 

測量の流れ

誰も知らない測量の流れはこちらへ