1. TOP
  2. 測量
  3. 測量の必要性

測量の必要性

ここでは測量の必要性についてお伝えします。なぜ測量は必要なのでしょうか。測量をしなければならない理由を簡単に言うと、正確にその土地の大きさ、カタチ、所在地がどこにあるかがわからなければ、誰もその土地の価値を認めてくれないからです。
 
以下のような場合に測量が必要となります。
 
土地を売買する場合
土地を売買する時は、公簿面積で取引きする以外は、その土地の隣人に立会をもとめ、境界を決めて測量して、実測面積にて取引するのが通常です。
土地を分筆する場合
1筆の土地を2つ以上に分割する場合も、やはり土地境界を決めて、測量し、分筆図を作成して、所轄の法務局に
分筆登記申請を提出いたします。
相続により土地で納税(物納)する場合
物納する場合は、その土地の隣接する全ての境界を
決め、又、道路との境界も所轄の役所と立会い、道路境界を決めて、実測図および境界確認書等を添えて申請する必要があります。

国有地の払下げを

受けたい場合

自分の土地に隣接する、払下げ可能な国有地があり、
それを払い下げをうけたい場合、その国有地の面積、
地積確定が必要となります。
開発行為の許可及び宅地造成工事の許可を受ける場合 広い土地を分割して、宅地や道路を作る場合や、擁壁等を作る場合は、所轄の役所に許可を取る必要があります。

 

測量の基礎知識

測量のことなら、まずはこちらへ
 

測量の必要性

測量の必要性を知りたい方はこちらへ
 

測量の種類

測量にも様々な種類があります!知りたい方はこちらへ
 

測量の流れ

誰も知らない測量の流れはこちらへ