1. TOP
  2. 測量
  3. 測量の基礎知識

測量の基礎知識

 測量とは、土地の面積や状況、形状、位置などを測ることです。 
地球上の諸点の相対位置を定め、地形・地物を縮尺化表現図示して、地図や図面を作成し、数値や図面で表された諸点の関係位置を現地に設定する作業や技術の事を言います。 
 
 実際の作業として説明しますと、対象地域の資料調査(法務局、市町村役場等)から始まり、現地の測量、測量した結果と事前資料との調整計算,調整結果の現地への表示、関係者・関係団体との協議、図面の作成等のすべてをここでいう測量とします。
 
 測量は目的によって現場での作業手段及び方法が異なりますが、どのような目的の場合でも基本原則として、測量は全体から部分に及ぼすという観点のもとに行われます。
理由として、測量には許容誤差が少なからずあり、その誤差が部分的なものから全体に及ぼすと誤差が累積してしまい収拾のつかない大きな誤差を生むからです。
 
 当事務所は、このような基本原則に従い、「正確、早い、綺麗」を常に意識して業務に取り掛かっております。測量業務は、大別して「現況測量、高低測量」「土地境界確定測量」がございます。詳細な内容に関しては、業務一覧をご覧下さい。さて、我々がお客様によく質問されるのが、「土地家屋調査士と測量士の違い」です。
 
 いずれも国家資格ですが、測量士は国や地方公共団体等の行う基本測量や公共測量を行うのに対し、土地家屋調査士は不動産の表示に関する登記(分筆・地積更正等)に必要、もしくは前提とした調査、測量、申請手続きを専門業務としています。また登記を前提とした場合、路線型用地測量等並びにそれに必要な基準点測量もできます。
   
 

測量の基礎知識

測量のことなら、まずはこちらへ
 

測量の必要性

測量の必要性を知りたい方はこちらへ
 

測量の種類

測量にも様々な種類があります!知りたい方はこちらへ
 

測量の流れ

誰も知らない測量の流れはこちらへ